きょうのピックアップ写真(2021年9月30日)

東武鉄道では、本線系統の全車両と東上線系統の8000系は南栗橋車両管区で、東上線系統の全車両(8000系を除く)は川越工場で検査が実施されていましたが、2020年10月からは、東上線系統の全車両も南栗橋車両管区で検査が実施されるようになり、今まで本線系統で見ることが出来なかった9000系などの「東上本線専用車」が、検査入出場時の回送や試運転などで本線系統へ入線するようになりました。
写真は、南栗橋車両管区での検査を終え、出場試運転で伊勢崎線(東武スカイツリーライン)を走行する9000系9050型9051編成。
(2021年3月9日 撮影者:ひ)

最近の記事

PAGE TOP