東武鉄道「SL大樹・SL大樹ふたら」お正月イベント開催(2022年1月2日)

東武鉄道では、2022年1月1日(土曜日)から3日(月曜日)までの3日間、鬼怒川線および日光線で運転されている「SL大樹・SL大樹ふたら」車内などで、お正月イベントが開催された。

2022年の干支である「寅」が描かれたオリジナルヘッドマークと日章旗が掲出されたC11蒸気機関車207号機(2022年1月1日)
2022年の干支である「寅」が描かれたオリジナルヘッドマークが掲出されたC11蒸気機関車325号機(2022年1月3日)

期間中に運転される「SL大樹・SL大樹ふたら」には、2022年の干支である「寅」が描かれたオリジナルヘッドマークと日章旗が掲出されたほか、来訪旅客の記念撮影用として、同ヘッドマークのレプリカが東武日光駅および鬼怒川温泉駅構内に展示された。

2022年の干支である「寅」が描かれたオリジナルヘッドマークと日章旗が掲出されたC11蒸気機関車207号機(2022年1月1日)
鬼怒川線鬼怒川温泉駅構内に展示されたヘッドマークレプリカ(2022年1月1日)

列車内では、乗車旅客に対して、SL観光アテンダントがデザインしたグリーティングカード、寅年にちなみ、栃木県日光市を本拠とする製菓業「虎彦製菓」の年末年始限定商品「きぬの清流・寿」が、それぞれ配布されたほか、抽選で日光市内の銘酒や菓子などが当たる「お年玉プレゼント企画」も開催された。

銘菓「きぬの清流」年末年始限定商品「きぬの清流・寿」(虎彦製菓公式サイトより)

この他、東武日光駅ツーリストセンターおよび鬼怒川温泉駅ツーリストセンターにおいて、1枚300円の「来駅記念証」の販売を開始し、こちらは通年にわたり販売される。

【参考リンク】
東武鉄道公式サイト 虎彦製菓公式サイト

東武鉄道8000系8150編成による団体臨時列車が運転される(2021年12月27日)

東武鉄道大師線で「2022年正月三が日の増発運転」実施「干支のヘッドマーク」掲出されず(2022年1月3日)

関連記事

  1. 東武鉄道50000系51001編成が出場試運転(…

    東武鉄道では、検査入場のため、2021年12月15日(水曜日)から翌16日…

  2. 東武鉄道鬼怒川線で2021年10月1日に「SL大…

    東武鉄道は、鬼怒川線下今市~鬼怒川温泉駅間にて、2017年8月の復活運転後…

  3. 東武鉄道と東武商事「特急列車の車内販売」2021…

    東武鉄道ならびに東武商事は、新型コロナウイルス感染症などの影響により現在は…

  4. 東武鉄道50070型51074編成が検査入場で南…

    東武鉄道では、東上本線において東京地下鉄(東京メトロ)有楽町線・副都心線な…

  5. 東武鉄道・東武トップツアーズ「スノーパル23:5…

    東武鉄道および東武トップツアーズは、伊勢崎線(東武スカイツリーライン)浅草…

  6. 東武鉄道50000系51009編成が南栗橋へ回送…

    東武鉄道では、東上本線で使用されている50000系51009編成(森林公園…

  7. 会津鉄道と野岩鉄道が3月13日ダイヤ改正「区間快…

    東武鉄道と相互直通運転を行っている、第三セクター鉄道事業者の会津鉄道(本社…

  8. 東武鉄道小泉線で夜間試運転を実施(2021年6月…

    2021年6月1日(火曜日)未明、東武鉄道8000系8572編成(南栗橋車…

PAGE TOP