PASMOカード「残額払戻手数料220円」2022年3月12日より再開…約8年ぶり(2022年12月24日)

交通系ICカード「PASMO」を発行している株式会社パスモおよびPASMO協議会では、2022年3月12日(土曜日)取扱分より、カードタイプの返却払戻時における、チャージ残額払戻手数料220円の収受を開始すると公式発表した。

カードタイプの「PASMO」は、2007年3月18日のサービス開始以来、2014年4月1日の消費税増税(5%から8%への引き上げ)による関東地方Suica・PASMO取扱エリア内の「IC運賃(1円単位運賃)」導入に伴い、当時210円かかっていたチャージ残額払戻手数料を無料としていたが、約8年ぶりの再開となる。

カードタイプの「PASMO」(PASMO公式サイトより)

2022年3月11日(金曜日)までに、PASMO取扱エリア内の駅で返却払戻を行えば、チャージ残額は全額払戻されるが、翌12日(土曜日)の初列車以降(正確には同日5時00分以降)に返却払戻を行えば、チャージ残額から手数料220円を差し引いた金額が払戻されることとなる。チャージ残額が220円以下の場合は、手数料と相殺され、チャージ残額は払戻されない。
カードのデポジット(預り金)500円や、カードに載せている定期券部分については、別途計算のうえ払戻される。

カードタイプの「PASMO」(PASMO公式サイトより)

株式会社パスモおよびPASMO協議会では「PASMOは、繰り返し使える環境に配慮したICカードであり、払戻手数料の収受再開により、短期間での払戻を抑制したい。」としている。

なお、2020年3月よりサービスを開始した「モバイルPASMO」は、開始当初より退会時におけるチャージ残額払戻手数料220円を設定している。

【おことわり】
「PASMO」「モバイルPASMO」は、株式会社パスモの登録商標です。
「Suica」は、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。

【参考リンク】
PASMO公式サイト 東武鉄道公式サイト

東武鉄道佐野駅発着の臨時特急を運転「あしかがフラワーパーク」イルミネーションイベントへのアクセス列車として(2021年12月20日)

東武鉄道8000系8150編成による団体臨時列車が運転される(2021年12月27日)

関連記事

  1. 東武鉄道などが空き飲料容器を回送列車で輸送する実…

    東武鉄道では、清涼飲料水メーカーのキリンビバレッジ協力のもと、東武鉄道グル…

  2. 東武鉄道・東武トップツアーズ「スノーパル23:5…

    東武鉄道および東武トップツアーズは、伊勢崎線(東武スカイツリーライン)浅草…

  3. 東武鉄道500系512・513・514編成が甲種…

    川崎重工業車両カンパニー兵庫工場にて製造された、東武鉄道500系「Reva…

  4. 東武鉄道・野岩鉄道・会津鉄道3社直通「DL大樹」…

    東武鉄道・野岩鉄道・会津鉄道は、東武鉄道鬼怒川線で運転されている「DL大樹…

  5. 東武鉄道と東武商事「特急列車の車内販売」2021…

    東武鉄道ならびに東武商事は、新型コロナウイルス感染症などの影響により現在は…

  6. 東京メトロ半蔵門線用8000系8111編成が東武…

    東京地下鉄(東京メトロ)では、半蔵門線用8000系8111編成が、2021…

  7. 東武鉄道50070型51074編成が検査出場で森…

    東武鉄道では、検査入場のため、2021年9月13日(月曜日)から翌14日(…

  8. 東武鉄道野田線8000系8150編成による団体臨…

    東武鉄道では、2021年7月10日(土曜日)に、野田線(東武アーバンパーク…

最近の記事

PAGE TOP