野岩鉄道が2022年3月12日にダイヤ改正「経営悪化」で開業から維持してきた運転本数約半数減へ(2021年12月10日)

野岩鉄道は、会津鬼怒川線(ほっとスパライン)について、2022年3月12日(土曜日)にダイヤ改正を実施すると公式発表した。

野岩鉄道6050型61103編成(左)と東武鉄道6050型6179編成(右)(2020年1月25日 撮影者:お)

会津鬼怒川線は、特急「リバティ会津」や、会津鉄道が運転する「AIZUマウントエクスプレス」を含めて、現行では上下各17本の列車を運転し、開業以来の水準を維持してきたが、昨今の新型コロナウイルス感染症の影響を受け「鉄道事業を取り巻く経営環境の大きな変化との乖離は、もはや見過ごせないものとなっています。」と、経営の悪化が深刻なものとなっている。

野岩鉄道会津鬼怒川線へ直通する特急「リバティ会津」で使用される東武鉄道500系「リバティ」(2018年5月26日 撮影者:お)

今回の改正で、沿線住民の利便性に配慮しつつ、改正後は現行の約半分近くにあたる上下各10本に減便する。
特急「リバティ会津」は、改正後も上下各4本を維持し、会津鬼怒川線内では男鹿高原駅を除く各駅に停車する一方、直通先の東武鉄道鬼怒川線および会津鉄道会津線内での停車駅を全列車で統一し、速達性の向上を図る。

【参考リンク】
東武鉄道が2022年3月12日にダイヤ改正「日光線・鬼怒川線ワンマン化」で野岩鉄道・会津鉄道直通列車が大幅減へ(2021年12月10日)
会津鉄道が2022年3月12日にダイヤ改正「6050型電車」撤退へ(2021年12月16日)
野岩鉄道公式サイト 東武鉄道公式サイト

東武鉄道が2022年3月12日にダイヤ改正「日光線・鬼怒川線ワンマン化」で野岩鉄道・会津鉄道直通列車がほぼ消滅へ(2021年12月10日)

会津鉄道が2022年3月12日にダイヤ改正「6050型電車」撤退へ(2021年12月16日)

関連記事

  1. 東武鉄道鬼怒川線で「SL重連試運転」が始まる(2…

    東武鉄道では、2021年10月1日(金曜日)に鬼怒川線下今市~鬼怒川温泉駅…

  2. 東武鉄道6050型6151編成が出場試運転(20…

    東武鉄道では、検査入場のため南栗橋車両管区へ回送されていた6050型615…

  3. 東武鉄道8000系のデジタル無線工事が進む(20…

    東武鉄道では、列車無線のデジタル化に伴う車上装置の設置が進められている模様…

  4. 東武鉄道伊勢崎線北千住~草加駅間の普通列車が3月…

    東武鉄道では、東京都足立区と共に進めている「東武伊勢崎線(竹ノ塚駅付近)連…

  5. 東武鉄道下今市駅転車台広場にて「2021 SLフ…

    東武鉄道では、2021年12月4日(土曜日)に下今市駅転車台広場・下今市機…

  6. 東武鉄道大師線で大手民鉄初の自動運転(GoA3)…

    東武鉄道は、2021年4月20日(火曜日)、持続的な鉄道運行を目的として、…

  7. 東武鉄道50090型51092編成が「池袋・川越…

    東武鉄道では、検査入場のため、2021年3月16日(火曜日)から17日(水…

  8. 相模鉄道・東急電鉄「新横浜線」2023年3月開業…

    相模鉄道(相鉄)および東急電鉄では、現在工事が進められている新線「新横浜線…

最近の記事

PAGE TOP