東京メトロ半蔵門線用8000系8111編成が東武鉄道佐野線渡瀬へ回送される(2021年9月8日)

東京地下鉄(東京メトロ)では、半蔵門線用8000系8111編成が、2021年9月7日(木曜日)に東急電鉄田園都市線鷺沼駅(鷺沼検車区)から東武鉄道佐野線渡瀬駅(資材管理センター北館林解体所)へ回送された。

伊勢崎線久喜駅を越えて佐野線渡瀬駅(資材管理センター北館林解体所)へ回送される半蔵門線用8000系8111編成(2021年9月8日 撮影者:あ)
佐野線渡瀬駅(資材管理センター北館林解体所)へ回送される半蔵門線用8000系8111編成(2021年9月8日 撮影者:ひ)

18000系の導入に伴う、廃車のための回送と思われ、2021年8月9日(月曜日)に廃車回送された8107編成に続き、今回で2編成目となる見込み。

佐野線渡瀬駅(資材管理センター北館林解体所)に到着後すぐさま部品の取り外しにかかる半蔵門線用8000系8111編成(2021年9月8日 撮影者:ひ)

当編成は、1989年1月26日の半蔵門~三越前駅間延伸開業用として増備された「4次車グループ」として、1988年10月に川崎重工業で製造され、同グループでは唯一、当初より10両フル編成で製造された。

更新工事(B修工事)前で「ドア窓」が小さかった時代の半蔵門線用8000系8111編成(2008年10月9日 撮影者:お)

2009年に実施された更新工事(B修工事)により、IGBT素子2レベルVVVFインバータ制御装置へ交換されたほか、乗降ドアも交換され、ドア窓が大きくなり印象が大きく変わった。

YouTube動画ニュース(2021年9月8日 撮影者:azumatakeshi)

【おことわり】
掲載の写真ならびにYouTube動画ニュースの撮影(取材)にあたっては、すべて敷地外の公道上または一般旅客が自由に立ち入れる箇所より、周辺環境に最大限配慮して撮影しています。

東武鉄道鬼怒川線で2021年10月1日に「SL大樹重連運転」を実施(2021年9月6日)

東武鉄道鬼怒川線で「SL重連試運転」が始まる(2021年9月13日)

関連記事

  1. 東武鉄道10030型11652編成が出場試運転(…

    東武鉄道では、修繕のため南栗橋車両管区へ回送されていた10000系1003…

  2. 緊急事態宣言再発令を受け東武鉄道と東武商事「特急…

    東武鉄道ならびに東武商事では、2021年4月25日(日曜日)より東京都・京…

  3. 東武鉄道8000系8575編成が「昭和30年代試…

    東武鉄道では、検査入場のため南栗橋車両管区へ回送されていた、同管区春日部支…

  4. 東武鉄道が「公式ファンクラブ」を開設「DMMオン…

    東武鉄道は、合同会社DMM.comが提供する会員制コミュニティサイト「DM…

  5. PASMOカード「残額払戻手数料220円」202…

    交通系ICカード「PASMO」を発行している株式会社パスモおよびPASMO…

  6. 東武鉄道30000系31609+31409編成が…

    東武鉄道では、本線系統で最後の30000系である31609+31409編成…

  7. 東武鉄道20000系の一部車両が搬出・陸送される…

    2019年9月から2020年2月にかけて、佐野線渡瀬駅(資材管理センター北…

  8. 東武鉄道100系「スペーシア」109編成がデビュ…

    東武鉄道では、日光線系統の特急で使用されている100系「スペーシア」のうち…

最近の記事

PAGE TOP