東武鉄道200系208編成が佐野線渡瀬へ回送される(2021年8月20日)

東武鉄道では、200系208編成が、2021年8月16日(月曜日)に伊勢崎線館林駅(南栗橋車両管区館林出張所)から佐野線渡瀬駅(資材管理センター北館林解体所)へ回送された。

佐野線渡瀬駅(資材管理センター北館林解体所)へ回送される200系208編成(2021年8月16日 撮影者:ひ)

廃車のための回送と思われ、2020年12月1日(火曜日)に廃車回送され解体された201編成に続き、今回で2編成目となる見込み。

佐野線渡瀬駅(資材管理センター北館林解体所)において東京地下鉄半蔵門線用8000系8107編成と並ぶ200系208編成(2021年8月16日 撮影者:ひ)

208編成は、日光線系統の特急列車として活躍した旧1700・1720系のうち、1960年9月に製造された1721編成の更新改造車として1998年にデビューし、車歴は60年を経過していた。

台湾鐵路管理局TEMU2000型自強号「普悠瑪」と同一のカラーリングとなって営業運転に復帰した200系208編成(2016年6月17日 撮影者:お)

2015年12月、東武鉄道と台湾鐵路管理局(台鉄)との間で「友好鉄道協定」を締結したことを記念し、2016年6月から2018年11月までの間、台鉄TEMU2000型自強号「普悠瑪」と同一のカラーリングを施して運転されたこともあった。

YouTube動画ニュース(2021年8月16日 撮影者:azumatakeshi)

今後、500系「Revaty」による「特急リバティりょうもう」の台頭により、200系の動向にますます注目が集りそうだ。

【おことわり】
掲載の写真ならびにYouTube動画ニュースの撮影(取材)にあたっては、すべて敷地外の公道上または一般旅客が自由に立ち入れる箇所より、周辺環境に最大限配慮して撮影しています。

東武鉄道と東武商事「特急列車の車内販売」2021年8月末で終了へ(2021年8月19日)

東武鉄道50000系51009編成が南栗橋へ回送される(2021年8月24日)

関連記事

  1. 東武鉄道30000系31609+31409編成が…

    東武鉄道では、本線系統で最後の30000系である31609+31409編成…

  2. 東武鉄道大師線で大手民鉄初の自動運転(GoA3)…

    東武鉄道は、2021年4月20日(火曜日)、持続的な鉄道運行を目的として、…

  3. 東武鉄道鬼怒川線で2021年10月1日に「SL大…

    東武鉄道は、鬼怒川線下今市~鬼怒川温泉駅間にて、2017年8月の復活運転後…

  4. 東武鉄道500系512・513・514編成が甲種…

    川崎重工業車両カンパニー兵庫工場にて製造された、東武鉄道500系「Reva…

  5. 東武鉄道で緊急事態宣言再発令に伴う平日朝時間帯の…

    東武鉄道では、2021年4月25日(日曜日)からの緊急事態宣言再発令に伴い…

  6. 東武鉄道634型「スカイツリートレイン」による団…

    東武鉄道では、634型「スカイツリートレイン」を用いた団体臨時列車が、大宮…

  7. 東武鉄道6050型6151編成が出場試運転(20…

    東武鉄道では、検査入場のため南栗橋車両管区へ回送されていた6050型615…

  8. 東武鉄道50090型51092編成が「池袋・川越…

    東武鉄道では、検査入場のため、2021年3月16日(火曜日)から17日(水…

PAGE TOP