東武鉄道30000系31609+31409編成が東上本線への転属工事開始「本線系統の30000系」消滅へ(2021年6月26日)

東武鉄道では、本線系統で最後の30000系である31609+31409編成(南栗橋車両管区本区所属)が、2021年6月3日(木曜日)を最後に営業運転から離脱し、約2週間にわたり南栗橋車両管区にて留置されていたが、同年6月19日(土曜日)頃より、東上本線への転属に向けた工事が開始されたのが確認され、その後、クハ34409の電気連結器撤去ならびに運転台周りの工事着手が確認された。

YouTube動画ニュース(2021年6月19日 撮影者:azumatakeshi)

30000系は、2003年3月から開始された帝都高速度交通営団(営団地下鉄・現在の東京地下鉄)半蔵門線ならびに東京急行電鉄(現在の東急電鉄)田園都市線との相互直通運転用として、1996年から2003年にかけて、6両固定編成ならびに4両固定編成の各15本、合計150両が製造された。

東急電鉄田園都市線へ乗り入れる東武鉄道30000系31609+31409編成(2017年9月1日 撮影者:お)

半蔵門線ならびに田園都市線との相互直通運転開始前までは、10000系グループとの共通運用で、伊勢崎線・日光線・宇都宮線で運転され、2003年の相互直通運転開始直後に運転された臨時列車「3社直通運転記念号」では、鬼怒川線にも乗り入れた。

日光線臨時快速列車として東武日光駅へ乗り入れた東武鉄道30000系31607編成(2008年10月26日 撮影者:お)

2005年10月には、後継となる50000系50050型への「世代交代」が開始され、再び10000系グループとの共通運用で、本線系統における地上区間専用車として運転されてきたが、2011年1月より順次、10両固定編成化の上で、東上本線への転属が開始され、最終的に31609+31409編成を除く10両固定編成14本が、森林公園検修区へ移った。

YouTube動画ニュース(2021年6月26日 撮影者:azumatakeshi)

2019年12月に、森林公園検修区から南栗橋車両管区本区へ移った50000系51008編成が、2020年9月より半蔵門線ならびに田園都市線との相互直通運転用として営業運転を開始したことで、31609+31409編成の動向が注目されてきたが、東上本線への転属に向けた工事の開始により、本線系統から30000系が姿を消すこととなる見込みだ。

奈良・平城宮跡にて「夏休みわくわく鉄道イベント」を開催(2021年6月23日)

東武鉄道20400型が日光線「区間急行」列車ならびに鬼怒川線での営業運転開始(2021年7月1日)

関連記事

  1. 東武鉄道大師線で「2022年正月三が日の増発運転…

    東武鉄道では、2022年1月1日(土曜日)から3日(月曜日)までの「正月三…

  2. 東武動物公園駅西口の旧杉戸工場跡地に建設中の商業…

    東武鉄道は、伊勢崎線(東武スカイツリーライン)東武動物公園駅西口の旧杉戸工…

  3. 東武鉄道大師線で大手民鉄初の自動運転(GoA3)…

    東武鉄道は、2021年4月20日(火曜日)、持続的な鉄道運行を目的として、…

  4. 東武鉄道6050型6151編成が出場試運転(20…

    東武鉄道では、検査入場のため南栗橋車両管区へ回送されていた6050型615…

  5. 鉄道のあるまちkasukabe(アイキャッチ用)

    東京メトロ半蔵門線用18000系18102編成が…

    2021年4月25日(日曜日)未明、東京地下鉄(東京メトロ)鷺沼検車区から…

  6. 東武鉄道8000系8575編成が「昭和30年代試…

    東武鉄道では、検査入場のため南栗橋車両管区へ回送されていた、同管区春日部支…

  7. 野岩鉄道が2022年3月12日ダイヤ改正時刻を発…

    野岩鉄道では、2022年3月12日(土曜日)に予定されている会津鬼怒川線ダ…

  8. 春日部駅付近連続立体交差事業着工記念式典が開催さ…

    久寿玉開披の瞬間(2021年3月30日 東部地域振興ふれあい拠点施設 撮影…

最近の記事

PAGE TOP