東武鉄道大師線で大手民鉄初の自動運転(GoA3)実施に向けた検証を開始(2021年4月20日)

東武鉄道は、2021年4月20日(火曜日)、持続的な鉄道運行を目的として、大師線(西新井~大師前駅間)において添乗員付き自動運転(GoA3)の実施に向けた検証を開始すると、公式発表した。

干支ヘッドマークを掲げて西新井大師への初詣客を運ぶ8000系8565編成(2019年1月3日 撮影者:お)

同社は、首都圏1都4県において都市路線と地方路線が混在する多様かつ広範囲にわたる鉄道運行を行っており、総営業キロ程463.3kmの路線網を有し、大手民鉄では近畿日本鉄道(総営業キロ程501.1km)に次ぐ第2位である。
今後、進行するであろう少子高齢化や沿線人口及び労働人口の減少が進む中で、安全かつ利便性の高い輸送サービスを維持継続することを目的としている。

YouTube動画ニュース(2021年4月20日 撮影者:azumatakeshi)

添乗員付き自動運転(GoA3)は、主に非常時における避難誘導などを行う乗務員を列車へ乗務させる形態で、現在は千葉県浦安市の舞浜リゾートライン(ディズニーリゾートライン)がこの形態で営業運転を行っている。

2020年正月の初詣客輸送の任に就いた8000系8575編成と8568編成(2020年1月3日 撮影者:お)

鉄道の自動運転については、国土交通省など関係各所との検討を進め、2023年度以降、大師線において夜間の試運転を中心に検証運転に取り組み、その結果を踏まえて自動運転の実施を目指すとともに、国土交通省鉄道局内の「鉄道における自動運転技術検討会」での議論を踏まえつつ、将来的には添乗員付き自動運転の実現を目指すとしている。

賀正ヘッドマークを掲げて西新井大師への初詣客を運ぶ8000系8565編成(2016年1月1日 撮影者:お)

※GoA :「 Grade of Automation」のこと
【参考リンク】
東武鉄道公式サイト

今年も「春日部大凧あげ祭り」中止「PRヘッドマーク列車」も運転されず(2021年4月15日)

鉄道のあるまちkasukabe(アイキャッチ用)東京メトロ半蔵門線用18000系が東武鉄道日光線で夜間試運転(2021年4月21日)

関連記事

  1. 東武鉄道20000系21855編成が佐野線渡瀬へ…

    東武鉄道では、東京地下鉄(東京メトロ)日比谷線直通車の「二代目」として活躍…

  2. 会津鉄道と野岩鉄道が3月13日ダイヤ改正「区間快…

    東武鉄道と相互直通運転を行っている、第三セクター鉄道事業者の会津鉄道(本社…

  3. 東武鉄道が2021年度の設備投資計画を公式発表(…

    東武鉄道は、2021年度の鉄道事業において、総額241億円の設備投資を実施…

  4. 東武鉄道が公式YouTubeチャンネル「東武鉄道…

    東武鉄道は、2021年4月23日(金曜日)に、公式YouTubeチャンネル…

  5. 東京メトロ半蔵門線用8000系8107編成が東武…

    2021年5月29日(土曜日)未明、東京地下鉄(東京メトロ)半蔵門線用80…

  6. 今年も「春日部大凧あげ祭り」中止「PRヘッドマー…

    春日部市と春日部市庄和大凧文化保存会で構成される春日部大凧あげ祭り実行委員…

  7. 東武鉄道で「春の全国交通安全運動」ヘッドマーク列…

    東武鉄道では、2021年4月6日(火曜日)から15日(木曜日)まで実施され…

  8. 東武鉄道8000系8575編成が「昭和30年代試…

    東武鉄道では、検査入場のため南栗橋車両管区へ回送されていた、同管区春日部支…

PAGE TOP