東武鉄道で「春の全国交通安全運動」ヘッドマーク列車の運転が始まる(2021年4月7日)

東武鉄道では、2021年4月6日(火曜日)から15日(木曜日)まで実施される「春の全国交通安全運動」に合わせて、3月30日(火曜日)頃から、一部の編成において、同社の安全シンボルキャラクター「ぽっぽちゃん」のヘッドマーク掲出を開始した。

ヘッドマークが掲出された6050型61102編成(野岩鉄道所属車)+6167編成(2021年4月6日 撮影者:あ)

ヘッドマークは、本線系統では、南栗橋車両管区所属の50050型51066編成、同管区春日部支所所属の8000系8570編成、同管区七光台支所所属の60000系61601編成、同管区館林出張所所属の8000系8572編成、同管区新栃木出張所の6050型6167編成+61102編成(野岩鉄道所属車)に掲出されている。

ヘッドマークが掲出された50090型51091編成(2021年4月2日 撮影者:あ)

東上線系統では、森林公園検修区所属の50090型51091編成に掲出されている。

運動期間中、主要な踏切を通行する人やドライバーに対しては、緊急時の非常停止ボタン操作や、万が一踏切内に閉じ込められた際の対処などをご案内する啓発グッズの配布、主要駅を利用する旅客に対しては、非常停止ボタンの模擬装置を使用したボタン操作方法体験の開催や、駅および列車内にて「ながら歩き」防止や「かけこみ乗車」防止の協力を呼びかける啓発放送を行う。

今回も、埼玉県内を走る鉄道事業者3社(東武鉄道・西武鉄道・東日本旅客鉄道)共同で、FM Nack5(本社:埼玉県さいたま市大宮区錦町/周波数:79.5MHz)において、番組中での交通安全啓発放送やオリジナルCM放送を行い、一人でも多くの旅客へ事故防止の重要性を呼び掛ける。

【参考リンク】
東武鉄道公式サイト

会津鉄道と野岩鉄道が3月13日ダイヤ改正「区間快速」事実上復活(2021年3月31日)

東武鉄道50090型51092編成が「池袋・川越アートトレイン」ラッピングのまま出場(2021年4月10日)

関連記事

  1. 東武鉄道で緊急事態宣言再発令に伴う平日朝時間帯の…

    東武鉄道では、2021年4月25日(日曜日)からの緊急事態宣言再発令に伴い…

  2. 緊急事態宣言再発令を受け東武鉄道と東武商事「特急…

    東武鉄道ならびに東武商事では、2021年4月25日(日曜日)より東京都・京…

  3. 東武鉄道が2021年度の設備投資計画を公式発表(…

    東武鉄道は、2021年度の鉄道事業において、総額241億円の設備投資を実施…

  4. 今年も「春日部大凧あげ祭り」中止「PRヘッドマー…

    春日部市と春日部市庄和大凧文化保存会で構成される春日部大凧あげ祭り実行委員…

  5. 東武鉄道8000系8575編成が「昭和30年代試…

    東武鉄道では、検査入場のため南栗橋車両管区へ回送されていた、同管区春日部支…

  6. 東武鉄道20400型が日光線「区間急行」列車なら…

    東武鉄道では、2021年7月1日(木曜日)より、日光線南栗橋駅以北および宇…

  7. 東武鉄道鬼怒川線で2021年10月1日に「SL大…

    東武鉄道は、鬼怒川線下今市~鬼怒川温泉駅間にて、2017年8月の復活運転後…

  8. 東武鉄道鬼怒川線で「SL重連試運転」が始まる(2…

    東武鉄道では、2021年10月1日(金曜日)に鬼怒川線下今市~鬼怒川温泉駅…

PAGE TOP